FC2ブログ
Welcome to my blog

100円スノドで実験くん。

ままこっち

先日からご近所の花好きの奥様と「お花屋さんに行こう♪」と話していました。

ワタクシ、ぺーぺーのペーパードライバーですので、ちょっと遠くのお花屋さんにはなかなか行けません。(電車ならまだ可)

一昨日、たまたますれ違ったので、お互いあんまり遠くには行けないけど、行こうか!となりました。

Oちゃんちの近くに昔からの大きな園芸店があり、そこに行こう♪とワクワク出発したんですが、行ったら閉まっていました;

Oh!!定休日・・・( ;∀;)

少し離れたところに魅力的な園芸店はいくつかあるけれど、ちょっと今日は時間がないし・・

ということで、割と近くのHCで手を打つことに。

それでも自転車だとちょっと遠いので、ワタシ的にはウキウキです^^(直近のHCにはほしい花が一個もない!)

あちこち見て回っていたら、見切り品コーナーがありまして・・・

180405ガランサス`エルウェシー
あ!!Oちゃんが言ってたスノードロップ「エルウェシー」だ!!

(てか、Oちゃんの買った後の売れ残りだ・笑)

180405ガランサス`エルウェシー02
最初、ガランサス挑戦するに当たって、エルウェシーを探してたんです。

理由はよく出回ってる品種だから安価で丈夫であろうと。。どうやらそうではないらしいのですが。(エルウェシーも乾燥に強いだけで夏越しは難しい)

本当は花が咲いてるとこを見て、選んでみたかった・・。

まあでも!!見切り品なので100円です!(それに葉っぱが元気なのは選べた!)

180405雑誌
因みに私がガランサスに関して見てる本はコチラ。むかーーし買った趣味園の別冊的な?

こちらちょっとずつだけど原シクは載ってるわ、壺クレマは載ってるわ、当時の私には嬉しい雑誌でございました^^

まさか、12年経ってスノードロップのページを見ることになるとは・・。(2006年の刊行でした)


 (球根を入手したら・・の設定で)
 4~4.5号の鉢側面の通気性のある鉢に植えつける。
 植えつけ後に鉢を二重鉢にする。
 用土は3~5ミリの川砂や日向土細粒のような多孔質の軽石などを単用、もしくは等量配合土。
 赤玉・腐葉土はダメ。
 お礼肥えは腐りやすくなるからダメ。

抜粋するとこんなことが書いてあります。

ただ、自分的には〇△さんの師匠さまのアドバイスはどんな情報よりも実行する価値があると思っています。

最初はそのまま次の植え替え時期(晩秋くらい??)まで触らないつもりでいたのですが・・

180405ガランサス`エルウェシー03

うーん、、本の指南とはだいぶ違う用土。それに山野草屋さんから購入したS・アーノットの用土とも違います。

あまり乾燥しないようにして、とりあえず花が咲くようにしたのかなー。

ちょっと悩んだのですが、なるべく根をいじらないで植え替えてしまおうかと思ったのです。

だけどポットを開けて土を見て・・

うーん、、結局結構土を落としてしまいました^^;

それで二重鉢にしようとしたら5号以上の鉢がなくて;ヘレボが入ってたのがあってヘレボをスリットに急遽移したり。

ドタバタの末、こうなりましたー^^;

180405ガランサス`エルウェシー05
隣はサム・アーノット。こちらは黒ポットのままなので、二重鉢に意味はないのですが、黒いポットに直射日光が当たると中が煮えそうで、気休めにやってます。

本には赤玉NGって書いてあったけど、まるで水分を蓄えられない土が不安になり、S・アーノットの用土が赤玉もわずかに使ってそうだったので、結局軽石/鹿沼土/ほんのちょっと赤玉みたいのにしました;

ポットを開けてわかりましたが、根っこが貧相で;芽が小さいものはほとんど発根もできてなくて、植えつけたのは3株に留めました。(あと二つくらいは救出したけどダメだと思う)

さて、、100円だからって実験ですが、どうなりますやら^^;

本当は早々枯れてしまうことも想定して、記事を上げるのを一週間ほど待とうかと思いましたが、過程を見てもらうのも面白いので上げてしまいまーす♪
Posted byままこっち

Comments 6

There are no comments yet.
あずきママ  
スノドも奥が深くて…

う~ん、奥が深いです…。
スノ~ドロップ恐るべしです。
スノードロップの球根、売ってる間に乾燥してなくなっちゃうんですよ…乾燥に弱いんですね。

バイブル的な本ってありますよね~汚くなっても捨てられない園芸本いっぱいあります。
特に園芸本は絶版になっちゃうのが多いので捨てられないんですよね。

ままこっちゃんペーパドライバーなんですね~。
教習所で練習してデビューしちゃいなよ~。
東京のはずれのホムセンまでおいでよ~~。
電車じゃ大変だからさ~~。

まあそんな話はさておき、うまく夏越しできるといいね~~。
期待してるよ~~。

2018/04/06 (Fri) 22:19 | EDIT | REPLY |   
ままこっち  
あずきママさん、こんばんは~。

スノド・・・こんなにも難物だったとは^^;
小さくて可愛い小球根♪と思っていましたが、調べるとなかなかですねー。

>スノードロップの球根、売ってる間に乾燥してなくなっちゃうんですよ…乾燥に弱いんですね。
うんうん、そうらしいですねー。乾燥に比較的強いのがエルウェシーで、それの球根を売ってるみたいですが、早く買って早く植えつけしないとダメみたいです;

バイブル的な園芸本ありますかー?
あずきママさんのお気に入りなんて、いい本なんだろうな。
今回のこの本なんかも結構読みこんだ本です。
でもスノドのページは当時そこまでじゃなかったので、最初どの本に載ってたのかわからなくて;
表紙に名前が書いてあるのや山野草の本を片っ端から見ても、記憶にあるのと違うし。
?と思ったらこの本でした;(忘れてたんかい)
読めば読むほど面白い園芸本ってありますよね。
手抜きなくびっしり書いてあるのとか、種類いっぱい載せてくれたりとか、読み応えあって何回も読みたくなります。

そうそう・・ペーパーなんですぅ;
行きたいな~~。でも運転は本当に危ないです;最近では判断力も鈍ってる気がするのでなおさらです;
でも、行きたいな~~。そのうちひょっこりはんできたらいいな~~。

2018/04/06 (Fri) 23:44 | EDIT | REPLY |   
ベルママ  
こんばんは~♪

お安いのが手に入って良かったですね。
前から,Uさんが色々な品種を載せてたけど、自分が育ててないと
真剣に考えたりしてたなっかです。

二重鉢にするといいのですね。
家なんて、ただただ暑くて・・・
あずきママさんが書かれているけど
>スノードロップの球根、売ってる間に乾燥してなくなっちゃうんですよ…乾燥に弱いんですね。
そうなんだ・・・
一つ頭に叩き込みました。

何年か前に八重咲きのスノードロップを購入したことがありますが、
育て方、よく分からなくて翌年出てこなかったです。
ラベルが飛んじゃって、それがどうか分からないのですが、
その八重咲きの葉っぱらしきものは出てるんです。
スノードロップの葉っぱだといいな~と思ってます。

趣味園の本の黄色いお花、ロムレア・シチリナですね。
親戚の人に会った時のように、なんだか嬉しくなりました。

2018/04/07 (Sat) 20:23 | EDIT | REPLY |   
菫  

ままこっちちゃん、本を教えてくれてありがとう^^へんなお願いしちゃったね。
あのねこの本私持っています!v-355
ところが。。。今本棚にはないんです。
「そういえばこの本どうした?」って、今思い出しました(苦笑)ばかですね~

引っ越しの時に慌てていろいろ持ち物を整理したとき、書道のお手本ノートとかといっしょに段ボールに入れたままかも。。。
明日探してみようかな~

どうやったらうまく育つかというのも、いろいろ工夫するの楽しいですね。
だけど二重鉢、やってみたら意外と水遣り悩んじゃうわ・・・今までと同じでいいのかなあと。
なんというか、、、「このくらいならあげようかな」みたいな自分の勘とか、やりかたみたいのないですか?
私の場合去年二重にしなくて成功したので、それでもよかったかなあ・・・なんて今さら思ったりしてね。。。
私って、あまり考えすぎても失敗するので、、、

書道でも悩むときあるのよね。理論と勘のあいだで・・・。
教えるときは、基本はマニュアルとか理論がまず先ですけど、でもどうするか悩んだときは、今まで経験してきた勘に頼ることも多いから~。

あはは、何が言いたいんだか^^・・・ですね。


2018/04/07 (Sat) 21:34 | EDIT | REPLY |   
ままこっち  
ベルママさん、こんばんは~。

エルウェシー、Oちゃんが買ったのがだいぶ前で今はもう花期も終わってしまっていたので、購入できるとは思いませんでした^^(しかも100円!)
そうなんですよね。。自分が興味を持って、初めてその植物にアンテナが向きますよね。
スノードロップは小球根というイメージで、球根のものは大概日が当たらないとダメな気がして育てようという気にならなかったです。
でも毎年世界展に行くと寄せ植えのコーナーがあって、ヘレボと原シクと雪割草に混じってスノードロップも入っていたりして、それが可愛いんですよ^^

二重鉢・・・、この本にはそう書いてあります。
乾燥に弱いってことも書いてあります。エルウェシーが比較的強いので、乾燥球根で販売があるらしいです。
売ってるそばから無くなっちゃうなんて、難しいですよね~;

八重咲品種のニバリス‘フロラ・プレノ’これも昔は乾燥球根を見かけたものですが、最近全然見ないです;
もしかしたら、売ってるうちになくなってしまうのが問題になって、あまり取り扱われなくなったんでしょうか;
葉っぱ、それだといいですね~。ベルママさんも一緒にスノードロップ育てやってみてほしいです。

>趣味園の本の黄色いお花、ロムレア・シチリナですね。

これ、不思議なことに中に載っていないんですv-12
最後の方に「表紙に掲載した道具の問い合わせ先」は載ってるんですが、お花が載ってません。
そうだ、アネモネ・ブランダも載っていました。
「鉢植え・庭植えとも、掘り上げて保存しますが、冷涼地では庭に植えっぱなしにでき、よくふえます」とのことです。
ちょっぴり暑いのに弱いのかな?

2018/04/08 (Sun) 00:12 | EDIT | REPLY |   
ままこっち  
菫さん、こんにちは~。

昨夜は眠気でコメレスを諦め、今までタイミングを逃しました~;

全然変なお願いではないですよ~。菫さんは結構園芸誌読まれる方だと思ってるので、あれば参考に見てみたいですよね。そして、やっぱりお持ちだったんですね^^クレマや原シクも載っているし、結構小球根も多彩なのが載ってて面白い本ですよね。
お引越しされたりすると、荷物が無くなったりしますよね;
もし見つからないようなら気軽に仰ってください。

私もこの本を読んだものの。。用土があまりにも水はけ最重視なので、自分の管理ではカラッカラにしてしまいそうで、アレンジしてしまってます^^;
菫さんちのニバリスは二年目ですしねー。一度夏越しした実績がありますしね^^
うちも本来二重鉢にするなら、外側の鉢はもちょっと大きいのにしないとだと思うんですけど・・。あるもので賄ったので;なかなか教科書道理にはいきませんよねー^^;
というか、このタイミングで植え替えはふつうナシですよね;そこからもうダメもとですから・・。

>書道でも悩むときあるのよね。理論と勘のあいだで・・・。
教えるときは、基本はマニュアルとか理論がまず先ですけど、でもどうするか悩んだときは、今まで経験してきた勘に頼ることも多いから~。

長年やってきたことって、自分に合ってる方法を自然と選ぶと思うんですよね。
書道のことは菫さんはスペシャリストですし。
お花育ては環境によって違うものだから、勘の自己流でやっちゃって、どうにもダメなら色々見てみるのもいいかもですよね~。

2018/04/08 (Sun) 14:37 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply